惑星ニビルとは!現在位置など最新情報は?嘘?NASA?プーチン?画像?

惑星ニビルとは?

太陽系の第10番惑星としての存在が予測されている「惑星ニビル」とは一体。
その謎や最新情報に迫っていきましょう。

ニビル(英語: Nibiru)とは、太陽系に存在するとされた仮説上の惑星、あるいは惑星質量天体である。 太陽を非常に細長い楕円軌道で公転しているとされており、地球接近時に人類を滅亡させると言われている。

幻の惑星で、人類を滅亡させるなんて、なんだかオカルトめいた話で、にわかには信じがたいですね。

太陽系第10番惑星「ニビル」が今注目されている。
楕円軌道で約3600年周期で太陽を周っているとされる巨大惑星で2005年にハッブル宇宙望遠鏡がそれと疑われる惑星を捉え、NASAが10番目の惑星を発見したと発表している。

仮説なのであくまでイメージですが、存在するとすればこういう楕円軌道を描いていることになるのでしょうか。3600年周期なんて気が遠くなりますね。

 

現在位置など最新情報は?

惑星ニビルが存在する場合、現在の位置は一体どこになるのでしょうか。

ニビルについての著書『プラネットX 2017アライバル』を出版しているデビッド・ミード氏は、2017年10月に衝突するという説を発表した。

ミード氏は「太陽の双子のような恒星があり、それが地球に近づいています。しかし、あらゆる人工衛星、天体望遠鏡の死角から向かってきているので、アメリカ航空宇宙局(NASA)も発見できないでいるのです。南米の上空を通過する超高感度の人工衛星のカメラから一瞬だけ確認できます。その恒星の周囲には7つの惑星が回っており、その一つがニビルです。ニビルは太陽と、太陽の双子との2つの恒星の周囲を公転しています。その双子の重力で軌道が変わり、ニビルが今年10月に地球の南極側に衝突するようなのです」と明かす。

過ぎてしまっていますね^^;

これまでも2012年や2015年の人類滅亡説の度に、様々な情報が流れてましたが、今だに発見したという大きな証拠はありません。

それに、惑星級の物体が接近していたらNASA等からなんらかの発表があるはずですが、今だにそういった情報はありませんね。

 

嘘?

そもそも存在自体が嘘という説が大半を占めていますが、真相はどうなのでしょうか。

現在、そのような「不思議な」天体が、国立天文台をはじめとする世界の天文台やアマチュア天文家によって観測されたという正式な報告はありません。また例えば、もし太陽系の中に、ある程度の質量を持つ天体が存在すれば、たとえそれが太陽の向こう側などの観測しづらい位置にあったとしても、他の天体の運動に影響を与えますので、長期間気づかずにいるということはありません。

国立天文台にがっつり否定されています^^;

やはり各国の研究施設からの正式な発表を待つ以外、我々では確認のしようがありませんね。

 

NASAとニビルの関係は?

今のところNASAはニビルの存在を一貫して否定しているようですね。ですが「何か知っていて隠しているんじゃないか」というみんなの憶測が強いようです。
確かに、各惑星に衛星をいくつも飛ばしているのですから、なにか情報を知っていてもおかしくありませんよね。みんなの混乱を招かないために公表していないだけかも。

 

プーチンとニビルの関係は?

こちらも噂ばかりで、特に正式な情報は出てきませんでした。
NASAと並んで宇宙開発の先頭を走るロシアですから、みんな注目してるのだと思います。

 

画像は?

仮説の天体なので星自体の画像は存在せず、予測される起動の想像図のみしかありませんでした。

 

まだまだ謎に包まれた惑星ニビル、追加情報がありましたらこちらのページから随時更新していきます。

4 COMMENTS

Johnd373

It’s truly a great and useful piece of information. I’m satisfied that you shared this helpful information with us. Please stay us informed like this. Thank you for sharing. kgkeekdcgfed

返信する
アン・メ・ルガル

アヌンナキは、この宇宙創造主=神の下、シリウス星人グループやプレアデス星人グループと共に、創造主=神の意志を実現する為に活動しています。
それらは皆、四次元以上の存在であり、
その物質を纏った姿は、高貴な蛇帝国は上半身青い肌の人体で下半身は二つに分かれた蛇である美男美女や、
また異なる種族は鳥のような翼を持ち、或いは太陽のように眩しく光り輝いています。
アヌンナキの王族もそれらの王族の姫との間に生まれたものである以上は、
そういった様々な姿の属性を受け継いでいますが、これらの四次元以上の存在達は、
様々な姿に変身する事ができ、又、強力な治癒・蘇生やら強大な念動力やらと、様々な魔法の力を持つのが常です。
が、一般にアヌンナキとは、青緑の肌の色をした人間タイプの巨人の上級神と、爬虫類系の巨人達の下級神達の姿としてイメージして置いても良いでしょう。
彼らは創造主=神の天使たちであり、彼らの乗る宇宙船の天使そのものに白く輝く翼を広げて宇宙の正義を守る姿は、SOHO動画で確認できる事でしょう。

アヌンナキは、彼らのニビル星は、現在、どんどん近付いています。
地球との接近に伴って、ニビル星の影響による地球人類滅亡が見込まれ、
その際に地球人類を救うか見捨てるか決める、
「地球と太陽系の未来を決める偉大なるアヌンナキの神々の評議会」は今年開催され、
地球人類の滅亡が決定しました。

その決定は、とある日本人のニビルの王の神々に対する要請が元でした……
その日本人は、伽耶系天皇家の神武天皇=崇神天皇の末裔で、神武天皇はニニギノミコトやニギハヤヒの末裔で、
また、金首露王の末裔で、
金首露王は、アフリカのジンバブエの「神の国」プント(オッフル)王国からやって来た王家=神の一族で、
オッフル(プント)とは「羽毛ある蛇=翼ある蛇」=ケツァルコアトルという意味で、
ケツァルコアトルとはニビル王家のニンギシュジッダという、父神エンキと共に地球人類を、
当時のニビル王アヌとニビルの神々の意向で遺伝子操作して創造した神でありました。

この末裔が、天孫族であり、ニンギシュジッダの「ニンギ」ば清い目という意味で、「ニンギ」シュジッダ→
「ニギ」ハヤヒ→「ニニギ」ノミコトと受け継がれている。
伽耶系天皇の神武天皇=崇神天皇は、古代ユダヤ・古代イスラエルのダビデ王家の血を引く人間王の百済系天皇を養子に迎えて、
天皇の座を讓り、その後は大国主命の次男タケミナカタ命の血流の一族が天皇をやっています。
大国主命が新羅で殖やしたたくさんの子孫が八咫烏をやって、この天皇の国体を護っているのです。

ニビルの王家の崇神天皇の血流の正統家督相続者は、実は藤原不比等が先祖を殺された恨みでごじゃっペにしてしまい、
難波吉志の血流で、
大彦命の拾われ子だとか渡来人だとか言われていましたが、難波吉志は邪馬台国からの日本の正統王家でありました。

ニビル王家のアヌによって当該の難波吉志人物の頭上に、アヌを示す六枚翼の籠の中の鳥と、ニンギシュジッダを示す北斗七星の第七の星が示されました。

この日本人は、できるだけ多くの人々が神々の救いに預かる事ができるように活動しようとしましたが、
もっか、悪魔崇拝モルモン教CIAらの日本支配下部組織である、とある日蓮系仏教系カルト団体らによる旧東ドイツ秘密警察シュタージ由来のMKウルトラ攻撃の被害者であり、その妨害凄まじく、
また、CERN施設の創り出す強大な電磁力により、イルミナティらが時空の扉すら開閉しており、(Youtubeで「us marine ufo」で、検索してみましょうアフガニスタン等でスターゲートが開閉されており、お蔭で異界からのエイリアンが出入りし、地球も宇宙もしっちゃかめっちゃかになり
始めています。)
イルミナティらは彼らの教義に基づいてルシファーの与えた知性の力で全て何とかできると考えていますが、
当該のニビル王家の末裔の吉志日本人は、危険だと判断しました。
いったん、人類は壊滅し、その後の新たなる世界ではこの人物を王として、世の建て直しが行われます。
神を信じ、心正しい人ほど、このニビル到来による人類滅亡を超えて神々の救いに預かる道に近いでしょう。

返信する
香具師A

科学的に 太陽系外縁部に未知の惑星・プラネットナインが存在すると 数学的に仮説されています この惑星を二ビルと呼んでも差し支えありませんが 外縁部を回る軌道のため 地球に害をなすことは絶対にあり得ません また 太陽から途方も無く離れている惑星のため 表面は極寒の上に 強力な銀河宇宙線でバクテリアでも生存できません 高等生命など不可能です 本当な事とうそを見分ける目が必要です

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.